助太刀トップ

「条件をすり合わせてから取引を」河本さんが成功体験を築いた方法とは?

助太刀は欠かせない私のビジネスパートナー

河本さんプロフィール
ヒストリー


趣味:旅行、ゴルフ
好きな食べ物:お肉、海鮮、鉄板

★当記事でわかること
  • 助太刀はどんなタイミングで効果的なのか
  • 河本さんはどんな協力業者を求めているのか
  • 助太刀でプロフィールを入力することの重要性

今回お話を伺うのは河本 篤根(かわもと あつね)さん。
登録職種はクロス / 大工 / 貼床、発注メインでご利用いただいているユーザー様です!
助太刀のことをビジネスパートナーだというほどに長く、深くご使用していただいております。
お仕事のことについてはもちろん、助太刀のことについて伺っていければと思います!

本日はよろしくお願い致します!


助太刀での成功体験をお話ししていただいた

変わらぬ品質へのこだわり

- 事業内容について教えてください

主にアパート・マンションのオーナー様とか管理会社さんの代行で、
マンションの入退去に伴った現状回復工事、
リノベーション工事を手掛けております。

- 現場での作業はどんなことをされているんでしょうか?

具体的には、マンションに入居の時に、敷金診断士として敷金をお預かりしているんですが、入居中に過失などによって、壊れてしまったものを直したりとか。

それから電気関係、換気扇とか、そういう調理機器に何かの不具合があった場合にも、その修正を行います。一番多いのがクロスの張り替え工事とか、床のフローリングの張り替え、タイル、カーペット、クッションフロア等の張り替え工事をメインにやっております。

品質にもかなり拘っていてどんなに物件数があっても自分達で見て、万が一駄目なところは手直ししたり、お客様に渡す前には綺麗な状態でお渡しするってことは心掛けていますね。

仕事に欠かせないビジネスパートナー「助太刀」

- 助太刀を利用するメリットは?

繁忙期になったり、急に困ったりした時って
他のところも忙しくて受けられない場合が多いんですけども
そんな時に助太刀のアプリを使えば結構広がるし私も何度も助かったなという経験があります。

もう、ビジネスのパートナーですね。助太刀がなかったら今一緒に働く職人さんたちとも知り合えなかったですし
実は職人さんの8割は助太刀さんのおかけで繋がったんです。

本当にいいアプリだと思っています。


職人探しに困った時は助太刀が強力なサポーターになっていたという

- マッチングする際には相手のどんなところに注目してますか?

プロフィールですね。
経験年数はもちろん、施工現場の写真が載っている場合は、どんな仕事をしているのかなというのを見たりとか。
あとは条件提示をし、しっかり擦り合わせることです。

「私は大体、平米幾らでお願いしてますよ」とか、各職人さんや企業様にお送りして条件が合えば取引を始めるという形で進めていますね。


マッチング後、取引前の条件のすり合わせは徹底的に行うことが良い出会いをさらに確かなものにする

- 助太刀を使用し始めた当時はどんな方とマッチングしていましたか?

はい、使い始めた当初はクロス関係、それから大工さんを中心にマッチしてました。
現在も継続的に助太刀さんのおかげで20名ぐらいの方と定期的に一緒に仕事をしてます。
特にクロスの職人さんは4月に受け切れないぐらいの量を発注させていただいて、本当に助かっております。

- 現在はどのような協力会社を求めていますか?

春先は季節的に入居が多くなるし
この先はエアコンの取り付けの季節になりますので、電気関係の職人さんともっとマッチしたいですね。
なかでも手配が難しいですが、ガス湯沸かし、クーラー、電気温水器、ガス温水器の業者さんと繋がりたいなと考えていますね。


条件の合いそうなユーザーの皆様は一度声をかけてみてはいかがだろうか

- 河本さんは助太刀はいつごろから使い始めたんですか?

2、3年前に交流会に呼ばれたのでその頃からですかね。
その時もユーザーインタビューに来ていたんですよ。
その後、以前広告塔をされていらっしゃった芸人さんの収録にも行きました。
ラジオで私が喋っている様子が流れたりもしたんですよ。


なんと前回のユーザーインタビューにも参加していたとのこと!
※実際に当時のインタビューの際のお写真

インタビューを終えて・・・


マンションオーナーさんや管理会社がいて、職人さんがいる。河本さんはその橋渡し的な立場、まさしくプラットホームビジネスとして職人さん達に繁忙期、閑散期に関係なく、お仕事を発注できる体制を構築を目指している。
そしてオーナーサイドに対しても納期、金額、品質も含め希望に沿うこと。
それが今後のビジョンだと仰られていたことがとても印象深い。
同じ業界で、方法は違えど同じくプラットフォームを作り上げていくという視点で、我々にも共感が生まれるお話を聞かせていただくことができた。

本日はお時間をいただき誠にありがとうございました!

もしも
・職種が電気工事関連のユーザーの方
・千葉県 / 埼玉県 / 山梨県 / 東京都 / 神奈川県のエリアの方
・スタジオコンチェルトと協力し一緒にお仕事を進めたいという方
そんな方々がいましたら記事の下にあるアカウントボタンをクリックして河本さんへ「興味あり」や「メッセージ」を送ってみてください!

助太刀は、河本さんたちのように、
一つ一つの新しい人間関係・現場から環境を変えていこうとする人を応援することで、
建設業界の未来がさらに良くなっていくことを願い、日々より良いサービスを目指します。

一緒に仕事がしてみたい! お話ししてみたい!と思った方はこちらから

無料で使える! まずはアプリをダウンロード

助太刀では条件に合った ぴったりの職人や工事会社と出会える!

App StoreGoogle Play

この記事を書いた人

助太刀編集部

助太刀編集部

助太刀ブログは職人と建設会社つなげるプラットフォームサービス「助太刀」から生まれた、 建設業の課題を解消するためヒントとなるメディアです。 最新のイベントやノウハウだけでなく建設業にかかわる人にとって価値のあるコンテンツをお届けしていきます。

読んだ記事をシェアする