助太刀トップ

助太刀で確実に変わった職人探し。

柔軟に受注者とのつながりを広げていきたい

インタビューご参加メンバー
代表取締役社長 尾形さん
元々は個人でエアコンの取り付けを行っていた。徐々に顧客を増やし法人化。現在は事業を拡大し内装工事なども行う。創業13年目。
営業部課長 筒井さん
事務員として入社。その後営業部に配属され、現在は助太刀運用担当者としてもご活躍されている。
経理部主任 舘野さん
事務員として入社。現在は経理部でご活躍されている。得意科目は数学。

★当記事でわかること
  • 発注者がプロフィールのどこを見ているのか
  • 助太刀のメリット
  • 筒井さんがどのような職種の協力業者を求めているのか
  • あなたが筒井さんとマッチできそうか

今回お話を伺うのは株式会社新洗組の筒井 亜希子(ツツイ アキコ)さん。
発注メインで 登録職種はクロス / クリーニング / サッシ。
筒井さんは新洗組にて助太刀運用担当として協力会社を探すためにアプリを利用してくださっているユーザー様です!

今回は代表の尾形さん、経理の舘野さんまでご参加いただけるとのことで我々としても初の複数人へのインタビューとなりました!
新洗組の事業について、筒井さんが担当者目線で助太刀から感じるメリット、代表の尾形さんの目線で感じているインパクト、
そして新洗組としてどのようなユーザーとマッチし案件を発注していきたいのかを中心にお伺い致します!

本日はよろしくお願い致します!


左から 舘野さん、尾形さん、筒井さん

お客様・職人・新洗組、三方のバランスを大切にする

- 事業内容について教えてください

(尾形さん)
不動産の入退去に伴う原状回復工事をメインに行っています。
設立して13年経っておりまして、最初は僕一人でエアコンの取り付けを行っていて法人化までは大体2年半くらいですね。


尾形代表はIT系の会社で勤務していた経験もあるそうだ

(舘野さん)
それと事業内容とは直接的に関係ないのですが当社には”看板犬”がいたりもします。
ゴールデンレトリバーの「パテちゃん」とブルドックの「ペンチくん」です。


彼らのお散歩をすることは舘野さんの趣味でもあるそう

- ここまでどんな姿勢で事業に取り組んで来られましたか?

私たちは、お客様とのメール・電話1つ1つがお金をいただいているサービスの一環だと思っているので、細かいところで満足度をあげていく努力をしています。
仕事をしていく中で、株式会社新洗組を「いいな」と思う方もいるし「最低」と言う方もいることもあるかと思う。それでも相対的にみて「いいな」と思ってくれるお客様の比率を上げられるように細かいサービスや気遣いを大切にしていますね。
また、お客さんだけ良いサービスをしていると、職人さんへ苦労をかけることになる。
職人さんとお客さんだけ、良いという状況にしてしまうと私たちが疲弊していく。
そこはすごくバランスが大事だと思っています。 これからの展望としては『時代に合わせてフレキシブルに』がテーマになります。
お客様が「購入しよう」「依頼をしよう」と思った経緯や想いを踏みにじることのないサービスをしていければいいかなと思います。
必ずしも(事業内容は)建設業だけというわけではないですが、(どんなことも)やるからにはシェアを伸ばしていきたいと思っています。


これからさらなる事業拡大を見据える

- 続いて”助太刀”についても伺っていきたい

これからも職人の集まってくれるサービスで在り続けてほしい

- 助太刀は何をきっかけに導入したんですか?

(筒井さん)
元々は代表が助太刀の存在を知っていて「やってみーや」ってことで、とりあえずアプリをダウンロードしてみたことが始まりで、
協力会社探しを始めるにあたって「助太刀は男性が運用するより、女性が窓口となって運用する方がマッチする相手も連絡を送りやすいのではないか?」となり私が担当することになりました。


助太刀の運用を担当している筒井さん
アプリということもあり気軽に使用し始めることができたそう

- 助太刀を使用するときに感じるメリットを教えてください

(筒井さん)
私は営業なので外出はあまりPC見れないことが多いのでアプリだとすごく使いやすいですね。
チャット形式で連絡が取り合えるので、それこそ知人に連絡するくらいの気軽さで営業車のなかでだったりに「パッと」メッセージ送れる隙間時間を有効に活用できるのが魅力だなと思います。
あと、助太刀で繋がった人から新たな繋がりもできたりもしますね。マッチした方から「いい若手がいるよ」って紹介してもらったりもありました!

- 受注者サイドのアカウントはどの部分を見ていますか?

(筒井さん)
年齢、資格、何をやっているか、プロフィールのフリー記述欄を見て人柄を見ていますね。
あと私たちは助太刀でマッチングしたあとは、必ず面談を実施しています。


隙間時間の活用が最大のメリットだと語る。
そして助太刀からさらに輪は広がる

- 助太刀で出会いたい職人さんはどのような方々なんでしょうか?

(尾形さん)
主にクロス、内装、ハウスクリーニングの方々と繋がることが多いですが、基本どの職種の方とも繋がりたいなと思っていますよ。
繋がっておくことで、「この前のあの職人さんに声かけてみようか?」って新しい工事に対応できるようになったりすることもあります。
それこそ今までは外構工事はやってこなかったんですが、職人さんとの繋がりがあったことで対応できるようになったなんてこともありましたから。
定性的なことを言えば人柄の良い人が良いですね。
恥ずかしがり屋だったり、コミュニケーションが苦手な方でも人柄の良さはわかったりすると思っています。


職人さんとのつながりから案件の幅を広げることもあるという

- 今後助太刀に期待することはありますか?

(尾形さん)
助太刀を使い始めたことで人の集まり方が確実に変わったので、
これからも職人が集まってくれるアプリでいてほしいなと思います

インタビューを終えて・・・

助太刀に感じるメリットを担当者の筒井さん、ご自身の助太刀の利用方法からご共有いただいたり、協力会社を探す上で注意していることや助太刀を通じた成功事例についても伺うことができた。お時間をいただきました尾形さん、筒井さん、舘野さん、誠にありがとうございました!

もしも
職種がクロス、内装、ハウスクリーニングの方
・新洗組の協力会社として一緒に現場を動かしてみたい方
・千葉県 / 埼玉県 / 山梨県 / 東京都 / 神奈川県のエリアの方
・ワンちゃんがお好きな方

そんな方々がいましたら記事の下にあるアカウントボタンをクリックして筒井さんへ「興味あり」や「メッセージ」を送ってみてください!

助太刀は、筒井さんたちのように、
一つ一つの新しい人間関係・現場から環境を変えていこうとする人を応援することで、
建設業界の未来がさらに良くなっていくことを願い、日々より良いサービスを目指します。

一緒に仕事がしてみたい! お話ししてみたい!と思った方はこちら

無料で使える! まずはアプリをダウンロード

助太刀では条件に合った ぴったりの職人や工事会社と出会える!

App StoreGoogle Play
から

この記事を書いた人

助太刀編集部

助太刀編集部

助太刀ブログは職人と建設会社つなげるプラットフォームサービス「助太刀」から生まれた、 建設業の課題を解消するためヒントとなるメディアです。 最新のイベントやノウハウだけでなく建設業にかかわる人にとって価値のあるコンテンツをお届けしていきます。

読んだ記事をシェアする