助太刀トップ

上京の不安を払拭した助太刀、「直接会う」だけで良い出会いが生まれる

足場鳶として、受注メインでつながりを増やしている上土さんにあれこれ聞いてきました。

上土さん プロフィール
ヒストリー


ご経験:鉄骨・足場鳶にて11年目
仕事のこだわり:安全に仕事を進めるためのコミュニケーションを重要視している
趣味:最近始めた麻雀、ばんばんざい(YouTube)

★この記事でわかること
  • 足場鳶でのこだわり
  • 助太刀を使うきっかけ
  • 助太刀マッチ後に行っていること
  • マッチした後に直接会うことの大切さ

今回は上土 智基(ウエド トモキ)さんにお話をお伺いしました。大阪での開業後、更なる挑戦を選択し昨年10月に単身上京した上土さん。お仕事のお話や、助太刀アプリをどのように利用しているのか、そして上京のきっかけなどをお聞かせいただきました。


インタビュー用にポーズをとってくれるお茶目な一面も(実際は温良恭倹な方です)

- お仕事内容を教えてください

工事現場の周りの目隠しの囲いであったり、飛散養生したりとか、他の現場作業員さんの作業用の足場作ったりなど、基本的にはそのような内容になります。高層もあれば低層もあって、基本的に今は応援って形で行かせてもらっているので高層が多くなっています。

- 大阪で独立して東京へ来られたとのことですが、その経緯を教えてください

独立しないとなかなか自分で自身の給与や仕事の仕方を決められないし、何歳でもやりたいものはやりたい! だから、一回は独立しておかなあかんと。自分で行けるところまではやりたいし。失敗してみないとわからないじゃないですか?当時の親方に独立したい、と話したら背中を押してくれました。


- 背中を押してくれたのが予想外だったんですね

最初怒られると思った。ここまで色々尽くしてもらったから。でも予想外にも背中を押してくれた。お酒を飲みながら話してたんですけど泣いてしまいました。笑
お前には無理だって言われると思ってた。親方じゃない人に相談しても”あれもこれもお金かかるから無理だと”言ってくる人が多かったから。
それも親方から”独立したことがない人に聞いても、起業も経営することも経験していないし、しない人だから。その人たちに何聞いても一緒やで。”と言われた。経営している人らと話せって言われました。

そうして上土さんは上京するわけだが、その際に親方に助太刀を伝授されたそう!

助太刀を使うきっかけ

- どうして助太刀を利用し始めたんですか?

助太刀を知ったきっかけは親方から教えてもらいました。仕事を探すときに助けになるよと言って教えてもらった。こっちに出てきたときには仕事がなかったからね。

- 初めて使用した際はどうでしたか?

直接会ってみないとわからんと思ってたから行ってみて、一緒に働ける相手かどうかを判断するってことをやってたね。最初のマッチで良い出会いがあったんですよ。アプリでメッセージだけで仕事ってなんかなって思っていたので、近くの喫茶店で話したんだけど、自分は東京だと新参者で、相手はすごい上の年代の方だし、すごく、すごく緊張して行ったんですけど、親方なんだからもっと強気で出ていいよと言ってくれた。それでもう良い人だなと感じた。その人に協力したいと思ったし、自分が協力したいと思ったところへ仕事に行きたいから。


助太刀で仕事が見つかったから上京後すぐに東京に馴染めたと話す上土さん

助太刀でマッチ後に行っていること

- 直接会うことが良い出会いにつながった?

メッセージではいくらでも良いこと言えてしまうので直接会いに行って、自分はこういう仕事をしたいですと話してからお互いに判断するようにしています。こっちもやりたいことがある。向こうがして欲しいことがある。これをすり合わせずになぁなぁでやってしまうとお互い良いことはない。そうやって、一方的に押し付けるように扱われてしまうと、若手も返信をしたくないと思ってレスをしないとかやってしまう、とかになるんじゃないのかな。

- 最初のマッチでいきなり良い出会いがあったんですね

そうですね。上京してすぐに、上下関係なしに、肩を並べて話してくれる人と出会えた。 必要ですと言ってくれたし、今も仕事を一緒にしてます。コロナが落ち着いてた時期にはご飯とかもいってました。助太刀で知り合った人はみんな人が良い。助太刀では相手を知ろうとしてくれる人が多くて自分自身で闇雲に営業して仕事を探すよりも仕事に繋がりやすいなと思います。

安全に仕事を行うためのこだわり

- 高所での作業は怖かったりしませんか?

集中していれば大丈夫なこともあるが、一度怖いとなるとずっと怖くなることもありますね。笑 怖くなって正解なんですけどね、なりすぎると仕事が進まなくなるんでバランスですね。
危ないと感じたら”大丈夫?”だったり”代わりましょうか?”といったようなコミュニケーションはしますね。その上で、その人が大丈夫ってことだったり、気をつけているんだということであれば、私としてはまあわかりましたという感じです。

- 最後に、今後の目標や展望を教えてください!

将来的には自分の班だけじゃなくて、個々に班を持って欲しい(部下にも自分のチームを持って欲しい)。まずは10人くらいの会社を作っていきたいですね、求人とかも使って成長していきたいし今も実は出しているんですよ。他には最低限、取らないといけない資格取得の手助けをしたり、自分がしてもらったことは部下にはしていければなと思っています。そして部下に仕事を任せられるようになったら東京は彼らに任せて、大阪に戻りたいなって思ってます。

- 上土さん本日はありがとうございました!これからも助太刀一同、応援しております!

関西時代に出会った親方を見本に、さらに素晴らしい親方を目指す上土さん。
上京後、ご自身の力であることはもちろんですが、少しでも生活と仕事の環境を助太刀が支えられたことがとても嬉しく、今後も同様の境遇に立つユーザー様を支えてことができればと思っております。

助太刀は、上土さんたちのように、一つ一つの新しい人間関係・現場から環境を変えていこうとする人を応援することで、建設業界の未来がさらに良くなっていくことを願い、日々より良いサービスを目指します。

一緒に仕事がしてみたい!お話ししてみたい!と思った方はこちらから

無料で使える! まずはアプリをダウンロード

助太刀では条件に合った ぴったりの職人や工事会社と出会える!

App StoreGoogle Play

この記事を書いた人

助太刀編集部

助太刀編集部

助太刀ブログは職人と建設会社つなげるプラットフォームサービス「助太刀」から生まれた、 建設業の課題を解消するためヒントとなるメディアです。 最新のイベントやノウハウだけでなく建設業にかかわる人にとって価値のあるコンテンツをお届けしていきます。

読んだ記事をシェアする