助太刀トップ

助太刀を活用して年間売り上げ5,000万円アップ! 成功の秘訣は協力会社のチームづくり

株式会社昇美は東京都武蔵村山市で防水工事を主な事業としています。高い施工技術が強みで、業績は会社設立以来、毎年上がり続けており、4年目である2022年度には1億円に迫るほどに。
そんな昇美ですが、実は従業員はおらず、施工はほぼ外部の協力会社に依頼しています。
常時稼働している協力会社の数は20社を超えており、請ける業務の幅に合わせて協力会社の数を増やしています。昇美では、協力会社を探す上で助太刀を活用しており、助太刀を使って常時10社近い協力会社とつながっています。
助太刀を活用によって上がった年間売り上げは5,000万円以上に。

今回は、昇美の代表取締役社長、千葉 敏信さんにお話をお聞きしました。

防水工事を中心とし、法人設立4期目で売り上げは1億円に迫る

ーーー御社の事業内容を簡単に教えて下さい


千葉:弊社は外壁や屋上の防水工事や下地工事を主としています。2022年度で4期目に入りますが、創業以来売り上げは上がっていて、今年度には1億円を超える見通しです。

ーーー4期目で1億円は凄いですね。どうやって案件を取っているんですか?


千葉:新規営業はそこまで力を入れていないですが、施工の技術や実績を評価頂いて、仕事が増えている状況ですね。

助太刀を活用し、案件に応じて協力会社に施工を依頼

ーーー御社の社員数を教えてください


千葉:昇美には従業員はいません。現場の施工については全て協力会社にお願いしており、繁忙や規模に応じて稼働して頂いている会社の数は変わります。

ーーー全て協力会社に!それだけの協力会社をどうやって集めているんですか?


千葉:以前は現場で知り合った方に紹介して頂いたりしていましたが、今は主に助太刀を活用しています。

ーーー今までの協力会社探しと比べて助太刀のメリットはどこにあると思いますか?


千葉:やはり、つながる数が圧倒的に違いますね。とにかくマッチング率が高いです。
アプリで協力会社を探す事に抵抗がある方もいるかもしれませんが、人づての紹介でも良い方と出会えるかは分からないですし。

ーーー協力会社探しで工夫している点などはありますか?


千葉:色々と試行錯誤をしてきましたね。いろんな協力会社さんに声をかけたり、積極的にお会いするようにしたり、助太刀のCS(カスタマーサクセス)担当者と一緒にメッセージの文面を工夫したり。
他には助太刀を使ってつながった協力会社さんに弊社の評価や推薦文を書いてもらったりもしましたが、これは効果が高かったかもしれないです。

若手の一人親方を育成

ーーー多くの協力会社との関係を維持する上で意識していることはありますか?


千葉:私自身が職人として技術に自信がある為、若手の一人親方に対して技術講習を行ったり、一人親方として自立する上で必要な、PCや事務処理などの作業を教えたりしています。弊社は案件の支払い条件は他の会社と大きく変わりませんが、弊社と仕事をする事で一人親方として成長できるという点が、他の元請けさんとの違いだと思います。

ーーーPCや事務処理も教えるという点は凄くユニークですね

千葉:これはもともと、私が独立した時にぶつかった課題でした。一人親方の場合、高校を卒業して現場の仕事を何年か経験してから独立することが多いですが、事務作業や確定申告の手続きなどの知識を得る機会があまり無いんです。
私もそれで困った事が多かったので、同じ事で困っている一人親方を助けて、成長してもらいたいと思ってやっています。

助太刀がきっかけで職人さんのチームを形成

ーーー助太刀の使い方で「こういう使い方が良かった」と思うものはありますか


千葉:協力会社探しの面はもちろんですが、助太刀を通じてつながった協力会社の方たちとチームを作る事ができたのはとても良かったです。弊社を中心として、若手の一人親方がお互いに助け合いながら成長していき、チーム全体が発展していく。助太刀でつながる協力会社が増えるほど、このチームが大きくなっていきますので、こういった形で助太刀を活用できるのはとても有り難いと思います。

職人さんの技術が正しく評価されるように

ーーー今後の展望について教えてください


千葉:協力会社がもっと利益を得られる仕組みを作っていきたいですね。建設業界でよくある事として、技術力が単価に反映されにくいという事があります。いま弊社とつながっている協力会社はみんな技術力も高く、人柄も良い職人さんが多くいらっしゃいます。彼らの仕事がもっと評価されて、それに見合った報酬が支払われるように、弊社がフロントとして顧客に価値を提供していきたいと思っています。

CTA_NOT_LINKED_ERR: CTA番号sukedachi_beが記事に紐付けられていません

この記事を書いた人

助太刀編集部

助太刀編集部

助太刀ブログは職人と建設会社つなげるプラットフォームサービス「助太刀」から生まれた、 建設業の課題を解消するためヒントとなるメディアです。 最新のイベントやノウハウだけでなく建設業にかかわる人にとって価値のあるコンテンツをお届けしていきます。

読んだ記事をシェアする